2014/07/22

「日本人の発明力は凄い!」進化する日本の回転寿司テクノロジーを見た外国人の反応


今回はこちらの日本の回転寿司店の新しい技術を紹介している動画に対する海外の反応をご紹介します。注文した商品がすぐに届く特別レーンや、済んだお皿の回収システム、サービス改善のための様々なデータの取得、最新の会計システムなどが、日々進化する日本の回転寿司の技術として紹介されています。
(申し訳ありませんが動画は英語のみです)
http://youtu.be/aNbTNl2q4Qc?t=15m43s



ウォーカームック 61804‐88 ご当地直送! 絶品回転寿司 首都圏版 (ウォーカームック 384)

以下、海外の反応です。

2014/07/21

「羨ましい!」外国人女性達が新宿でガールズ・デート 海外の反応


今回はカナダ人のシャーラさんの動画に対する海外の反応をご紹介です。今回はミカエラさんなど、日本を紹介している外国人ユーチューバーの方々と新宿に遊びに行ったようですね^^

http://www.youtube.com/watch?v=1lUH5lLrBVM


以下、海外の反応です。

2014/07/20

外国人「日本が開発した最新兵器が凄すぎるwww」


今回は海外サイトで紹介されていた、近代兵器「オナラ飛ばし機」に対する海外の反応です。


「オナラ飛ばし機」とは

【検証】近代兵器「オナラ飛ばし機」を作ってみた

突然ですがみなさんは、「オナラを遠くまで飛ばしたい」と思ったことがありますか? オナラを遠くまで飛ばすことができれば、離れた相手とのコミュニケーションツールとしても使うこともできます。そこで今回は、自分のオナラを遠くへ飛ばすべく、「オナラ飛ばし機」を作ってみたいと思います。

http://ure.pia.co.jp/articles/-/23413

【作り方】

ダンボールに丸い穴を開ける


パンツの尻部分にハサミで切れ込みを入れる。


パンツの穴を通して、お尻の穴に装着


メカニズム:オナラを空気砲の中に送り込み、その後に空気砲を叩くことでオナラ弾を発射


テストの様子

2014/07/19

「ダルビッシュ半端ない」12三振で9勝目のダルビッシュに対する現地ファンの反応


ブージェイズ戦で12三振を奪う好投で9勝目を挙げたダルビッシュ投手に対する現地ファンの反応です。

ダル、毎回の12Kで9勝目 チームの連敗を8で止める

● ブルージェイズ 1 - 5 レンジャーズ ○
<現地時間7月18日 ロジャース・センター>

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地時間18日、チームの後半戦初戦となった敵地でのブルージェイズ戦に先発。6回2/3を投げ毎回の12奪三振を奪う好投で、今季9勝目(5敗)を手にした。

 ダルビッシュは初回、2番カブレラ、続くバティスタに対し、ともに最後はフォーシームを投げ込み連続三振。3回には「9番・二塁」でスタメン出場した川崎に不運な内野安打を許すも、二死二塁で迎えたバティスタに対し、最後はまたしても威力十分のフォーシームを投げ込み見逃し三振に仕留めた。

 この日はダルビッシュの好投に打線も奮起。5回に4番ベルトレのホームランなどで2点を先制すると、7回にも7番アレンシビアが3ランを放ちダルビッシュを援護した。

 ダルビッシュは中盤以降、スライダーを軸にした投球にシフト。特に左打者の内角に食い込むスライダー系のボールが効果的で、7回途中までに12個の三振を奪った。

 7回に先頭の7番ラスマスにホームランを打たれ失点するも、この日は6回2/3を投げ1失点。3四球に2暴投とやや荒れる場面もあったが、それでも要所を締める好投で、チームの連敗を8で止めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140719-00004508-baseballk-base



以下、現地ファンの反応です。

2014/07/18

外国人「日本の田んぼが今年も凄いことになってるぞ!」


今回は海外サイトで紹介されていた、現在見頃を迎えているという青森県田舎館村で行われる「田んぼアート」に対する外国人の反応をご紹介です。


青森 田んぼアート見頃迎える

水田をキャンバスに見立て色とりどりの稲を植えて大きな絵を描く、青森県田舎館村の「田んぼアート」が見頃を迎えています。

「田んぼアート」は田舎館村の町おこしのイベントとして毎年行われていて、ことしは富士山が去年、世界文化遺産に登録されたことを受けて、「富士山と羽衣伝説」という作品が作られました。
村役場の隣にある縦140メートル、横100メートルの水田では、田んぼに描かれた大きな絵が見頃を迎え、衣をまとった天女が富士山や松の上を舞う様子が緑や紫、黄色などの10種類の稲で色鮮やかに表現されました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140716/k10013055101000.html