2015/01/07

「日本は私を驚かすのをやめない・・」日本にある世界最大級の植物工場 海外の反応



今回は、宮城県にある世界最大級のLED照明を使った屋内レタス農場が、その驚異的な効率性で海外掲示板で注目を集めていたので、その反応をご紹介です。

そのレタス農場がこちら

https://www.youtube.com/watch?v=985rJxlWuWk


世界最大級の「植物工場」、宮城に新設 
 宮城県で、世界最大級のLED照明を使った屋内レタス農場がオープンした。クリーンルームの無農薬栽培で、既存の農法と比べて面積効率は100倍、成長速度は2.5倍、水の使用は1%という。
 日本で新たに開設された屋内農場は、植物の成長に最適化された波長のLEDを備えている。
 この農場(植物工場)をつくったのは株式会社みらい。嶋村茂治社長は植物生理学者でもある。
 宮城県でオープンしたこの農場は、ソニーの半導体工場だった建物の中にある。面積が約2,300平方メートルと、LED照明による屋内農場としては世界最大級で、すでに1日あたり約10,000株のレタスを生産している。
 LED照明により、植物の昼と夜のサイクルを、最も効率のよい生産ができるよう調整できる(植物は昼に光合成して、夜に呼吸する)。この屋内農場では、レタスの成長スピードは2.5倍になり、生産物の廃棄も、従来の農場の収穫の約50%から約10%に減少した。しかし、この屋内農場でいちばん感動的なのは、厳格な環境制御と水を循環して利用する方式により、水の使用量が屋外農場のわずか1%で済むところだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/9043359/

コメント元
http://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/2rjlh8/til_of_an_indoor_vegetable_factory_in_japan_that/

以下、海外の反応。


– 未来がここに!


– 高いラックにLEDに水耕栽培を用いた信じられない程効率的なシステムだね。


– 日本は私を驚かすのをやめない


– 日本人とドイツ人は最も効率のいい人達だね。


– 結構前にこの話しは聞いたけど、今見てもクールだよね。


– これは人類の未来において重要なニュースだ。特に日本のような人口が減る国にとっては、少ない労働者で食料を生産する技術はとても重要になる。


– 少ない水でも、消費電力が多すぎたら意味ない


– でも電気代はどのくらいかかるんだ?

Re LEDの消費電力は低い、俺が気になるのは初期コストだね。

Re LEDでもかなりの電気を使ってるよ。日本は原発を止めてるから石油、石炭で生産されているレタスということになるね。


– これはデトロイトにある空っぽのビルを使うにちょうどいいな。


– 日本人は本当に頭良いな。彼らが大好き。

Re 一応アメリカでも同じことやってるぜ!


– ピンクのライトは何か意図があるのか・・


– このレタスはどんな味がするんだろ?


– 棚でレタスを栽培してる光景が超クールだ


– これってどのくらいで収穫できるんだろ?

Re 記事によると普通のレタスより2.5ヶ月早く育つらしい。


– マリファナでこの技術が使える。


– これで火星でも生活できるね!


– これはカリフォルニアの干ばつの問題の完璧な解決策になるね。水も日光も限られているからね。

Re アリゾナにも作ってやれ。


– カリフォルニアはリニアとこの技術を交換すべきだろ。



注目の投稿

スポーツの名シーンをドラゴンボールZ風にアレンジした動画が人気!

スポーツの名シーンをドラゴンボールZ風にアレンジする、こんな動画が海外掲示板で人気を集めていました。